汗が臭いのでまわりを気にする人を支えたい

多汗症をはじめとして、汗が臭いために悩みを持つ人は自分のにおいで人が不快な思いをしてしまうことを避けるために他人との接触そのものを避けてしまいがちです。
MENU

汗が臭いのでまわりを気にする人を支えたい

多汗症をはじめとして、汗が臭い体臭について悩みを持つ人は自分のにおいで人が不快な思いをしてしまうことを避けるために他人との接触そのものを避けてしまいがちです。

例えば、肥満でデブなんだけど、結婚したい彼氏がいて、今日のデートはテーマパークで一緒に遊びに旅行途中のあなた。
めずらしく化粧崩れもなく、ガードルで皮下脂肪をなるべく目立たなくして、胸の谷間もばっちり。
でも、ただでさえ高温多湿のこの時期、手をつなごうとしたら、手のひらに大粒の汗がびっしり。
ハンカチで拭いても拭いても、汗が出てくる。おまけに汗が臭い。
まったく理解不能。

都会勤務のメリット。
今日はアフターファイブで、男友達と飲み会。私服はわざとストライプのタイトスカートの下に勝負下着で決めてあるけど、生理でもないのにオリものみたいな匂い。汗取り用のハンドタオルでごまかそうとするけど、狭い会場なので、汗が臭いのでニオイがこもる。
まさか、このタイミングと嫌な流れ。
なんとか誤魔化すしかない。

こんな状況ではどうすることもできません。

しかし、その状況では頼る人が一人もいないことになり、自分の悩みを相談することができないためさらに悩みが深くなってしまうのです。

そんな人におすすめなのが、インターネット上で公開されている日記です。

汗


インターネットは他人と接触せずとも自分の気持ちを公開することが可能です。

インターネット上には様々な日記が公開されていますが、中には汗臭い体臭で悩んでいる人の日記も複数あるのです。

そういった日記を読めば、自分の悩みを共有でき、気持ちが楽になるのです。

それだけではなく、日記の著者が実践している治療法やどうしても人との接触を避けられない場面での対処法などを学ぶことができます。


日記によって自分の気持ちが楽になるということは、自分が日記を公開すれば同じ汗が臭い悩みを持つ人と共感できるということでもあります。

日々の思いを綴れば、自分と同じく汗臭い体臭で悩んでいる人がその日記を読んでくれます。

場合によってはコメントを残してくれることもあり、交友が始まるのです。

一人で悩

汗臭い体臭は一人で悩んでいても解決しません。

日記を読んだり、自分で日記を公開することで前進できるのです。

 

 

このページの先頭へ