制汗剤で有名なbanはお尻汗にも効果があるのか?

お尻汗の多さや臭いに悩む女性が、意外と多いという事実があります。服に汗が染みてお漏らしをしたような濡れ方でとても恥ずかしい思いをされた方もいるのではないでしょうか?今回は、お尻汗の解決法について紹介します。
MENU

制汗剤で有名なbanは汗臭いお尻汗にも効果があるのか?

お尻汗の多さや臭いに悩む女性が、意外と多いという事実があります。服に汗が染みてお漏らしをしたような濡れ方でとても恥ずかしい思いをされた方もいるのではないでしょうか?
最近、トリンドル玲奈が新CMに登場するので話題商品になっているBanの汗ブロックシリーズですが、消臭効果はどうなのか調べてみました。その他、汗の臭い対策に役立つ方法も一緒に調べましたので、お役に立てると思います。

 

私のオススメは、お尻汗・ニオイ・ムレ専用の HIP LIP(ヒップリップ)です。
理由は、汗・ニオイ・ムレ専用としては日本初の薬用デオドラントクリームであることで効能が証明されていること。それに日本製というところが、強烈な副作用を心配させられる海外製と比べて安心だからです。

 

 

あの沢尻エリカ様がCMに出ているBanの汗ブロックスティックって、お尻の汗にも効果があるのでしょうか?

ban


ロールオンタイプで塗り易く、発売以来べたつきもなく消臭されて気分もよく、「ニオイブロックロールオン」と言うキャッチコピーでメーカーCMで有名ですね。
塗り薬以外に、使いやすいスプレーや、香料入りのリキッドタイプもある消臭剤です。
ロールオンによくあるようなメントールを入れてあるとスースしてしまいますが、それは含まれていないようです。
実際に汗かきで臭いも気になる女性が、試しに使用したそうですが、汗も抑えるといううたい文句の割には、それなりに汗はかいたそうです。
でも、汗をかいても、割と気にならずに1日過ごせたという報告もあるので、汗臭いことで悩んでいる女性の方は試してみてはどうでしょう。クリアネオパールのような臭い対策用のボディーソープも併せて使用することで、効果がアップできると思います。

 

 

制汗剤を安直に使えない過敏性腸症候群の場合は、速乾性のあるインナーパンツを履くことをオススメします。

インナーパンツ

クーラーなどで体が冷えて、冷えを放置したために自律神経が乱れ、過敏性腸症候群に進む場合も汗には注意です。運動などで、尾てい骨から肛門にかけて大量の汗をかくまで進むと、肛門に違和感が出てしまいます。制汗剤には、塩化アルミニウムが含まれていますので、柔らかいお尻や粘膜に使用すると肌荒れにもなってしまう可能性があります。

そんな方は、速乾性のあるインナーパンツです。衣類としての綿は、肌にはやさしく吸汗性が良いですが、乾燥しにくいので使用をオススメしません。もし、履くとしたら、履き替えること。ガザガザするけど、通気性の良い麻の方がましでしょう。
同様に、通気性機能のある生地を使っているサラサラ下着やスラックス製品も、運動時以外にも使用してみてはいかがでしょうか?
女性ならば、腰やお尻の下の汗がスカートに染みない様に、ペチコート、フレアパンツをはくのも一方法でしょう。夏場の外出でシャツや衣服に、アポクリン腺などの汗腺からのシミが着かないようグッズに頼る手は有りです。
また、クーラーなどの冷えによる過敏性腸症候群自身は、湯たんぽで体の外側からの暖めるのも、効果が期待できそうです。

 

 

では、漢方薬で効果を期待できるのでしょうか?

漢方薬では乙字湯が期待できます。漢方薬ですから、飲んだらすぐに効果が期待できませんが、2ヶ月くらいは飲んで様子見ましょう。その他、ツムラ41番の補中益気湯(ホチュウエッキトウ)も効果が期待できるそうです。乙字湯

 

 

 

デリケートゾーンの痒みが発生したら、市販の痒み止め薬を塗ってみるのも効果が期待できそう。

フェミニーナ軟膏

原因としては、汗蒸れによる刺激や下着そのものによる刺激があります。女性向けなら、小林製薬のフェミニーナ軟膏や池田模範堂のデリケア。男性向けならデリケアエムズなど。フェミニーナ軟膏は男女兼用で使用できます。

痒いでしょうが、掻かないことが大切です。痒みは、我慢できずに掻いていると皮ふにダメージを与えることになります。デリケートな部分はなおさらです。その結果、痒みがますます強くなってしまう悪循環を招きますので、痒みを早く止めて掻かないようにするために、痒み止め薬を使用します。
但し、症状が悪化したら、皮膚科を受診してください。

 

 

汗臭い原因が精神的ストレスにある場合は、たばこやコーヒーなどのニコチンやカフェインを摂らないこと。

例えば、手汗ですが、交感神経が刺激されて常に掌が湿った状態が続き、さらに手汗を気にすると交感神経をますます刺激して、どんどん汗が出てしまう症状です。
交感神経を刺激する中枢神経興奮剤が関係するのですが、たばこやコーヒーなどニコチンやカフェインに多く含まれているので、たばこやコーヒーは控えた方が良いと思われます。

 

 

ウォシュレットトイレで汗をこまめに拭く。

ウォシュレットトイレ


これは、説明不要でしょう。

 

 

自転車に乗って、お尻部分に汗染みができる場合は、ナイロンジャージを履いていって到着したら着替える。

ナイロンは汗を吸わないので染みにはなりません。内側メッシュならなお良いです。サドルに当たる部分に吸水パッドという手もあります。
私も、学生時代スポーツ系の部活してましたので、帰宅途中に寄り道する機会も多くありました。お尻あたりから異臭がして、「もしかして、私?」と年齢的にも深い悩みにはまったのは、一度ではありませんでした。そのとき、こんな手法を知っていたら、においの悩みに苦しまなくてもよかったですね。

 

 

小顔術・気になる表情ジワを手術をせずに一気に解消することでも人気のボトックス注射をうつ。

ボトックス注射は、多汗症にも有効です。多汗症の場合、打つ注射本数も多く(症状にもよりますが10〜40本)、値段も数〜15万円くらい。効果もそれなりに期待できそうです。

 

 

手汗制汗剤パースピレックス(Perspirex)を使用する。

パースピレックス

特許処方で長時間の効果が期待できるという新しいタイプの制汗剤です。肌が弱くなければ、汗腺を塞ぐので2〜3日に一度使うだけでかなり汗が止まります。海外通販で買えます。塩化アルミニウムの副作用を抑え、乳酸アルミニウムを配合することで、皮膚への刺激を防ぐ効果もあるようですが、肌の弱さについては慎重に判断する必要もあると思われます。

 

 

汗臭い汗・ニオイ・ムレ専用 HIP LIP(ヒップリップ)を使用する。

ヒップリップ


これは、日本製です。ショーツの中の汗・ニオイ・ムレ専用としては日本初の薬用デオドラントクリームです。 高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛の薬用成分が配合され、毛穴から吹き出る大粒のお尻汗をしっかり抑制して、汗が流れないようにします。有効成分シメン-5-オール配合のW有効成分(柿タンニンも配合)で、ニオイの元・雑菌を元から断っています。下着にまとわりつかない。ベトベトしないさらっと仕上げなので、試してみる価値はあります。
つまり、お肌にやさしい植物エキスも配合されているし、アレルギー性添加物は無添加、さらに返金保証。
正直、有名なものでも半信半疑で購入するときもあるけど無駄。ヒップリップが利用者のことを、一番考えていると思います。
一度、公式ホームページで見る前に、こちらの 汗臭いお尻汗・ニオイ・ムレの悩みからあなたを解放する方法とは!? でみることをオススメします。

 

 

番外編1
レビューサイトや口コミでの評判を分析すると、医薬品として塩化ナトリウム、デオシークの主成分であるイソプロピルメチルフェノール、医療先進国デンマークで研究開発されたデトランスαなどが強力で、ネットで購入できるようですが、副作用を考えて自己責任で使用するかを決める必要があります。

 

番外編2
重度の場合、クリニックや病院で診察してもらい、気軽に手術を含めた治療も考えると思います。話題のビューホットやミラドライ、ウルセラドライや多くの方法がありますが、効果が永久でなく再発を防止するには定期的な追加治療が必要だったり、傷跡が残ったり、後遺症に悩んだりして失敗する場合もあることを承知してください。
また、費用も高額なものが多いことも認識しておくべきでしょう。

 

 

     このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

このページの先頭へ