多汗症で手術をしてはいけない理由

多汗症の方は、特定の部分から汗が集中して多くなり、お尻汗で悩んでいる方もいるかと思います。そちらで悩みを抱えているという方は、改善するために手術をする方法もありますが、手術をすることでのデメリットは多く、手術以外で多汗症を改善していくほうが良いとされています。
MENU

多汗症で手術をしてはいけない理由

手術してはいけない

多汗症の方は、特定の部分から汗が集中して多くなり、お尻汗で悩んでいる方もいるかと思います。安直に、多汗症で手術をしない方が良い理由を書きます。

 

結論としては、効果が思っているほど確実ではないこと、副作用がハンパないケースがあること、費用も馬鹿にならない為です。

 

詳しく書きます。
太ももや背中、頭部から多量の汗。手のひらの場合は、手掌多汗症と言います。

 

汗は、体温調節の機能からも必要ですが、同時にエクリン腺やアポクリン腺の汗腺から老廃物も出すので、匂いとして腋の下のわきがが指摘される場合もありますね。思春期での分泌は多いので、汗で悩む若い人も多いのです。

 

肉類を摂りすぎる食生活や、ストレス度の高い仕事などの生活習慣を変えるだけでも、体質改善に繋がる可能性が高いのですが、ネットでのオススメコメントや投稿された体験談を参考に、ついランキングサイトを見て、物欲で改善を図ったりします。

 

パッドで吸水させる汗取りパットや、市販では、ミョウバン水や漢方薬も良い選択だと思います。
しかし、ベタベタか感じが我慢できずに、サラサラキープがうたい文句のサプリメントや、塩化アルミニウムが主成分のオドレミンなどの本来処方されるべき薬は、使い方を間違わない様に注意することが大切です。

 

さらに大きな悩みを抱えているという方は、最後の手段として手術をする方法もありますが、手術をすることでのデメリットは多く、手術以外で多汗症を改善していくほうが良いとされています。

 

手術の場合、内科ではなく皮膚科や美容外科クリニックを受診します。
医師も、確実に専門医がいいです。
基本的に、相談・カウンセリングから診察が始まります。
診断ができたら、問題となっている部位の処置に移るわけですが、メス(電気メス)で剪除、切開、切除する等の治療もあります。

 

汗をかく原因の交感神経を遮完全断するため、神経節ブロックを切断するという手術がありますが、こちらの手術はほとんどの方が代償性発汗と呼ばれる副作用が後遺症として出ると言われています。

 

汗でまいった

代償性発汗とは、手術をした箇所は汗を止めることができますが、代わりに他の箇所の汗が多くなってしまうという副作用となります。

 

手術をして失った交感神経は元に戻ることはなく、副作用が酷い場合は外出することも難しくなってしまうという方もいます。

こちらの手術を行うにはリスクがあり、リスクを避けたいという方は、ボトックス注射で多汗症の症状を抑えることができます。

 

ボトックス注射は副作用がほとんどなく、傷跡も残らないというメリットがあります。
ただ、症状を抑える効果としては、3ヶ月から1年ほどとなるので、効果を失って再発した後は再び病院に通ってボトックス注射を受ける手間がかかってしまいます。

また、ボトックス注射はワキ以外は保険適用外となるので、そちらも覚えておくと良いでしょう。

 

手術が日帰りで可能な場合、その日もしくは翌日にはシャワーも可能です。
ETSなどの交感神経を焼き切る手術は、全身麻酔しますので、切り口は小さいのですが、1週間の入院が必要です。

 

費用も相場がありますが、医療機関により健康保険がきかないケースもあるようですので、特殊な施術の場合、高額な医療費負担を覚悟する必要がありそうです。
当然、入院日数によっても料金は違います。

 

実際の手術の内容については、脇汗を手術で治療する前に知っておくべき11の治療方法 が、きっと参考になるので、よく考えて手術を受ける決心をしてください。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加

 


このページの先頭へ