多汗症からワキガへと悪化する原因を探せ!

ワキにはエクリン線とアポクリン線と呼ばれる2種類の汗腺が存在します。皮膚の表面に付着している細菌と交じり合うことでワキガを発症させてしまいます。
MENU

多汗症からワキガへと悪化する原因を探せ!

ワキにはエクリン線とアポクリン線と呼ばれる2種類の汗腺が存在します。

エクリン線は真皮までの深さしかなく、エクリン線から出る汗も水と塩でできているので、無臭です。

脇のお手入れ

しかしアポクリン線は脂肪層の深さにまで達しているので、アポクリン線から分泌される汗には脂肪やたんぱく質が含まれているため、それらが皮膚の表面に付着している細菌と交じり合うことでワキガを発症させてしまいます。

アポクリン線を持たない人は、多汗症になってもワキガになることはりませんが、アポクリン線がある人の場合は、エクリン線から出る汗が増えることによって、ワキガが悪化しやすくなります。

その原因は、エクリン線から汗が大量に出る多汗症になってしまうと、脇が常に湿った状態になって皮膚の表面に付着している細菌の繁殖性が高くなってしまいます。

そのためアポクリン線から出るワキガの臭いをさらに強めてしまい、結果的にワキガが悪化することになります。

ワキガになるアポクリン線を所有している人が多汗症になってしまった場合は、より気を付けて汗が出たらこまめに拭きとるようにすることが必要です。

制汗剤を使用したり、ワキ毛を処理して細菌が繁殖しにくい環境を作ることが必要です。

 

 

このページの先頭へ