汗臭い体臭と多汗症の因果関係がわかる!

汗臭い体臭の原因となるのは、汗が酸化されたり、皮膚の微生物によって分解されたときに出るさまざまな物質です。汗自体は無臭のものですが、皮膚表面に出てくればどうしても酸化したり微生物のエサになったりしてしまいます。
MENU

汗臭い体臭と多汗症の因果関係がわかる!

汗を気にする

気温が上がるにつれ、気になってくるのが汗臭い体臭です。

汗臭い体臭の原因となるのは、汗が酸化されたり、皮膚の微生物によって分解されたときに出るさまざまな物質です。

汗自体は無臭のものですが、皮膚表面に出てくればどうしても酸化したり微生物のエサになったりしてしまいます。

したがって、汗が大量に出てしまう多汗症は汗臭い臭いの原因物質をたくさん作るため体臭と多少の相関関係があります。

ただし、多汗症とワキガは区別しておく必要があります。

タオルで拭く

多汗症はただ単に汗の量が多いだけですが、ワキガは生まれつきアポクリン汗腺という腺を体質的に多く持っている人が、通常のエクリン汗腺からの汗とは違った成分の、いわば「濃い」汗をかくことでそれが酸化したときに強い汗臭いニオイを発生させてしまうものです。

つまり、多汗症なだけならワキガの治療をしても良くなりませんし、その逆もまた然りというわけです。

なお、多汗症は原因に甲状腺機能障害や更年期障害など別の病気が隠れているケースが多いため、まずはその治療をする必要があります。

汗臭いニオイも気になるものですが、まず身体を正常に戻すことを最優先に考え、恥ずかしいかもしれませんが専門のクリニックを受診するようにしましょう。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ