お尻汗に関する必読ページ

お尻汗に限定した6つの現実的に使える対策と9つの使えない対策

更新日:

大量のお尻汗が気になって悩む大人女子が多いです。

若い人もそうでない人も、太っている人もそうでない人も。夏や冬の季節に関係なく。仕事でも家にいても。
汗をかくという事は 人が体温調整をする上でとても大切な事ですが、尻汗で悩む女性がいます。
おしりや太ももに何をしても大量の汗をかいてしまい、汗取りインナーの効果もなく、お尻から下の下半身がビチョビチョになって、下着やボトムスが濡れておもらし状態に!
元々スポーツなど体を動かした後などでは汗かきで、人と接すだけで汗腺が上手く機能せず大量の汗が吹き出す人もいれば、過敏性腸症候群になり、その結果発汗機能がどんどん乱れて悪循環でお尻に汗をかくようになった人もいます。
通気性が悪い下着などを着用していると、汗が蒸れて臭うのです。

多くの汗対策の中でも今回は「お尻汗」に限定し、6つの現実的に使える対策と9つの使えない対策を紹介します。

 

1.お尻汗に使える対策

①雑菌処理

汗が止まります

汗というのはもともと匂いがありませんので、ニオイ対策はいつも意識的に清潔にするのは当たり前ですが、雑菌対策が第一です。
そのためには、(1)洗濯機槽の除菌、(2)洋服の除菌、(3)体の除菌が必要です。
シャワーを使ってなるべく皮膚をこすらない工夫なんかも、注意が必要ですね。
洗濯なら部屋干しトップみたいな商品の洗剤で、運動後すぐに乾燥した服に着替えて、こまめに早く洗濯することです。
もちろん、衣服は、汗を吸収する素材や速乾性のある素材を選ぶことも必要です。

②パッド付き 前開きボクサーパンツ

お尻汗対策としてAmazonでも売ってますね。汗をかいても、いちいちタオルで拭けませんから。
そんな時、デリケートな部分のため安全に考慮したこのパンツがいいですね。価格的にも、そんなに高くなく、色もブラック他(全4色)があるようです。
これだと、せいぜい休憩時間何かの合間などにトイレに行って、汗を拭きとる余裕もできます。

③フェミニーナ軟膏

デリケートゾーンの汗による蒸れやかぶれの痒みには使える。

④ミョウバン水

ミョウバンは殺菌作用や制汗作用も有ります。
ミョウバンは、食品添加物としてベーキングパウダーなどの食品に使われているものなので安心ですし、薬局やスーパーに焼きミョウバンとして安価に売っています。
ただ、一時的に症状が改善するもので、症状が根本的に改善するというものではありませんし、外出先でお尻に塗るのは難しいかと思います。
作り方は、焼きミョウバン50グラムに水1.5リットルを、冷蔵庫で2~3日置いて、原液とし、使用するときは、この原液を20~50倍程度に薄めて使います。

⑤ウルセラドライ治療

美容外科で超音波による施術。1回の治療だけで効果が期待できます。

 

2.お尻汗に使えない対策

①銀イオンを使った除菌消臭剤

副作用有り

銀イオンは、服に着くと黄色くなるので、お尻には使いにくいです。

②パースピレックス(制汗剤)

汗腺を塞ぐので、肌が弱いデリケートゾーンには厳しいです。これは、商品名デトランスαなど海外通販で購入できます。

③デオシーク(制汗剤)

デオドラントクリームであるが、これも、肌が弱いデリケートゾーンには刺激があり厳しいです。

④塩化アルミニウム液(制汗剤)

汗腺を塞いで汗を防ぐタイプで、ワキや手の平など局所的な汗を止めるのに有効ですが、皮膚の弱い人は肌荒れの原因になるし、ましてデリケート粘膜付近や傷がある箇所には使用できません。
市販ではオドレミンが有名です。
使用は、就寝前に塗って朝起きたら洗い流します。
病院かネットでも手に入りますよ。

⑤胸の上を紐で一定時間縛る方法

芸妓さんや舞妓さんが、場所的に汗をかけないので予防としての昔から方法として有名ですが、圧迫して制汗する方法は顔だけです。
でも、男衆さんという、帯などで圧迫させながら結ぶ方法を身につけた人しか、それは確実にできないと言われきたくらいポイントが狭く、本当はスキルの要るワザです。

⑥スプレータイプの制汗剤

肛門などのデリケートゾーン直に触れると痛みがある可能性が高いです。ロールオンタイプ、またクリームタイプの制汗剤の方が良いです。

⑦プロバンサイン(錠剤)

全身性多汗症向けの抗コリン薬。
汗腺を制御するアセチルコリンという伝達物質の分泌を抑制する抗コリン剤で、全身からの汗を抑えます。
効果は、服用後30~1時間で現れ、そのあと5~6時間は持続しますが、副作用として、喉が渇いたり、目が渇いたり、尿の出が少なくなったりしますので、毎日の継続的な服用はオススメできません。

⑧ドライオニック(機械)

手・足・脇用の機械治療。ネットで買えます。

⑨ETS手術

交感神経を焼き切るorクリップで留める手術ですが、手の平や胸から上の上半身に限られます。
大切なことは、お尻汗には適用は難しいことですね。
入院は一週間ほどですが、全身麻酔で肺の奥の交感神経を焼き切ります。
この手術は、リスクが少ないと言われますが、代償性発汗が確実に来ます。それでも、手術して良かったと思う人もいて、あなたの現在の汗の状況次第なところがあります。

薬物療法は?

お尻の汗を減らすにはまずはお風呂などで汗腺機能の回復をさせ、規則正しい生活にすることも必要です。

もし、最初それでもどうしても不安な方は、一度、皮膚科を受診された後に、自分に最適な対策を決めても良いかと思います。

以上、参考になりましたら幸いです。

 
【関連記事】
▼お尻汗に関する必読ページまとめはこちら

デリケートゾーン専用石鹸3選|臭い・痒み・黒ずみとサヨナラ

デリケートゾーン専用の石鹸にも、さまざまなものがあります。

どれを選べばいいのか、けっこう悩んでしまうものですよね。

当HPで厳選したデリケートゾーン専用石鹸3選をご紹介します。

デリケートゾーンソープ【ANOCOI】

臭い・黒ずみでもう悩まない!

新発売した女性の為の新しいデリケートケア商品!

ボディソープや固形石鹸と違い、気になる箇所に馴染ませて数分後に洗い流すだけでOK♪

8種のボタニカルオイルと30種の美容成分を配合し、殺菌しながら綺麗で清潔な状態へと導いてくれます。

デリケートゾーンのニオイや黒ずみに!【フェミデオ】

<15470

「無敵女子」の仲間入りを目指すをキーワードに開発されたデリケートゾーン石けん。

フェミデオ独自のピュアリーキープ方式ケア

他商品と比べて圧倒的な成分量!

180日間の満足度返金保証付き

満足度97.9%、リピート率86.1%、おすすめ度82.7%

人気記事

デリケートゾーンの臭いに困っています 1

デリケートゾーンの臭いに困っています。 お風呂から出て1時間も経つと、もう臭くなるんです。 それに、出産で緩くなってしまった感じなんですね。 自分でなんとかできないかと調べたら、 そんな女性向けに、『 ...

お尻汗のニオイ 2

・運動もせず長時間座って仕事しているだけで、汗の量が半端じゃなく、べたつく。 ・汗ばんだり、通気性がよくないため蒸れたりすると、  デリケートゾーンから 汗臭いイヤ~なニオイがする。 ・紺色や黒のパン ...

蒸れやすい 3

デリケートゾーンのニオイと混ざって、体臭の中でも汗のニオイが強いケースもあります。   目次1.何故汗が臭うの?2.汗の臭いを防ぐには「汗腺トレーニング」がおすすめ 1.何故汗が臭うの? 実 ...

汗が止まります 4

このページは、大量のお尻汗で悩む人にとって、多くの汗対策のなかで、今回は「お尻汗」に限定し、6つの現実的に使える対策と9つの使えない対策を紹介します。

制汗剤ジプシー 5

お尻汗が異常に多いと悩んでいる女性が多いのは、隠れた事実です。お尻汗が異常に多い場合、交感神経(自律神経)になんらかの異常がある多汗症という病気の可能性が考えられるそうですが、まだはっきりしたことはわかっていないそうです。

-お尻汗に関する必読ページ

Copyright© デリケートゾーン専用石鹸3選|汗・臭い・痒み・黒ずみとサヨナラ , 2019 All Rights Reserved.